読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wowee Zowee !

わーうぃーぞーうぃー!

Wowee Movie 1

映画

20170305 シカゴ

ミュージカル部分は妄想、というのはそれだけでよい印象だ。少し観疲れするかな、と思っていたのだけれども、最終的にはゼタに全部持っていかれてしまった。舞台経験者とのことだった。


20170305 『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?
打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか? [DVD]

夏という季節に感傷を抱けるのは、この物語の登場人物(のうち誰だっていいのだ)たちのような経験を10代の頃にしたものだけの特権なのではないかと思った。少年と少女が駆け落ちをするシーンがとても好きだ。いつだって女の子は男の子より先にいて、僕らをさっさと置いて行ってしまう。その美しさをあらためて感じた。のだった。
 
 
20170307『ミッドナイト・イン・パリ

僕にだって1920年代への憧憬、あるいはパリへの憧憬というのはあるにはあるのだけれども、あるが故にその「合わなさ」が目立ってしまった。もちろん、ほほっと笑ったところもあったよ。ほほっ。


20170308『桐島、部活やめるってよ

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

桐島、部活やめるってよ(DVD2枚組)

スクールカーストの話とかいう誤った(誤ってもないのだろうか)情報のおかげで見るのが遅れてしまった。まったく、後悔である。桐島の不在に翻弄されながら「意味」を求めてさまよう者たちの姿。これはまさしく『ゴドーを待ちながら』だし『嘔吐』だし、というのは良く分かるし、僕にだって言いたいことはいろいろある。そういうものたちが、見終えた直後よりもそこから時間がたてばたつほどふつふつとわきあがる。そのことが、今作が良いものであることの表れである気もする。持つ者の寄る辺なさと持たざる者の強さ。僕としては宙ぶらりんの苦しみがよく分かるから、そう、確かに持たざる者であるにもかかわらず、「全てがあるけど、何にもない」を体現する宏樹という存在に強烈にシンパシーを覚えてしまう。それはきっとこの作品が単なる青春映画ではなく、紛れもない実存主義の映画だからなのだろう(「探す」から「つくる」への踏み出しを、青春との決別とらえることももちろんできるが…)

出演陣の演技は総じて見事なものだったが、松岡茉優の嫌な女っぷりと、橋本愛の閉ざされた影は白眉であった。