読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wowee Zowee !

わーうぃーぞーうぃー!

2016年5月の

▼2016年5月の音楽

ライブラリの端から聴いて行くぜの企画が頓挫するのはこれで何度目なのかという話ではあるのだが、いつもと違うのは今回は続ける気は満々であることだ。ではなぜ中断しているかと言えば隙あらば海外ドラマ、みたいな生活を久しぶりにしているからなのだった。ひとまずライブラリ行脚は止まっても、音楽は当然鳴っている。小谷美紗子小沢健二ばかり聴いているのだった。祈りと救い。追い込まれている…。
 
 
Monster / 小谷美紗子 (16)

MONSTER

MONSTER

弾き語り。3.11を境に聞こえ方が変わってしまった曲はごまんとあるなと改めて思った次第。下動画の「手紙」もそうだ。今も昔も「眠る直前までいつもあなたを思っている」のラインが大好きなんだけど、『ことのは』リリース当時は

『手紙』で紡がれる「私は大丈夫」であるという根拠が「自分とあなたを信じているから」という儚さ。そこに至るまで語られてきた言葉たちにリアリティがあるからこそ、その表現が強さに転じるのだろう。「眠る直前までいつもあなたを思っている」そう、永遠なんてない。でも、いや、だからこそ、こういう誠実な音楽と日々を歩んでいける。

なんて言っていて、「否定からのそれでも」どっぷりな当時の僕が何を考えていたか良くわかる。そして今も変わらず考えていることのことも。あのままの流れで瞬間と永遠のことを考え続けていたのなら、今頃どんなふうに世の中が見えていたのだろう。まあそれは思っても仕方のないことか。とにかく、そのラインすらもあの日を境に意味合いが変わってしまったかのようだ。楽曲は…届けられた時点で制作者の手を離れてしまって、聴き手1人1人の持ち物に「も」なり、それぞれでそれぞれの物語を紡いだり黙りこんだりする。いずれにしても、ずっとそこにあるというのが、楽曲や表現者の強度を表しているなと思うのだった。
 

小谷美紗子『手紙』Music Video OdaniMisako-TEGAMI(Music Video)

 
 
小沢氏の話はやめておこう。「神様を信じる強さを僕に 生きることをあきらめてしまわぬように にぎやかな場所で かかり続ける音楽に 僕はずっと耳をかたむけている」これが過去10年以上、何度僕の救いとなり赦しとなったことか、とだけ。
 
 

▼2016年5月の本

4月時点で33冊。こちらは目標に向けておおむね順調である。今月は並べてみるとよく分からないラインナップだ。


16034. ゴドーを待ちながら / サミュエル・ベケット

ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)

ゴドーを待ちながら (白水Uブックス)

松江のそば屋で行列が進むのを待ちながら(心の中で)げらげら笑っていた。僕らが人生でやってることもこの浮浪者たちとたぶんそんなに変わらん。
 
 
16035. 新訳 ハムレット / ウィリアム・シェイクスピア
新訳 ハムレット (角川文庫)

新訳 ハムレット (角川文庫)

たいへん読みやすうございました。 
 
 
16036. プレーンソング / 保坂和志
プレーンソング (中公文庫)

プレーンソング (中公文庫)

神様探しのひとつの成果として日記で触れた。
  
 
16037. 父と娘の法入門 / 大村敦志
父と娘の法入門 (岩波ジュニア新書 (519))

父と娘の法入門 (岩波ジュニア新書 (519))

 
 
16038. 一億三千万人のための小説教室 / 高橋源一郎
一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))

一億三千万人のための小説教室 (岩波新書 新赤版 (786))


 
16039. 翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない / 永井均
翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない (ちくま学芸文庫)

翔太と猫のインサイトの夏休み―哲学的諸問題へのいざない (ちくま学芸文庫)

学生時代ぶりなのだが学生の時にどう読んだのかが全く思い出せない。
 
 
16040. 勉強法の科学 / 市川伸一
勉強法の科学――心理学から学習を探る (岩波科学ライブラリー)

勉強法の科学――心理学から学習を探る (岩波科学ライブラリー)

 
16041. 文章読本の名著90冊から抽出した究極の文章術 / ひらのこぼ

文章読本の名著90冊から抽出した究極の文章術

文章読本の名著90冊から抽出した究極の文章術

書いてある中身というよりはこういう体裁のもののことを考えていた。
 
 
16042. ドラえもんの国語おもしろ攻略 俳句・短歌がわかる
いろいろ盲点だった、と思った。こどもの本のコーナーに何を探しに行ったのか忘れるパワーだった。索引作りをした。
 
 
16043. やさしい教育原理 新版補訂版
やさしい教育原理 新版補訂版 (有斐閣アルマ)

やさしい教育原理 新版補訂版 (有斐閣アルマ)

学生時代に手にしたような「教科書」を読みなおしたくなっている。
 
 
16044. ものみな過去にありて / いがらしみきお
ものみな過去にありて (仙台文庫)

ものみな過去にありて (仙台文庫)

人生は過去にしかねえんだ、みたいなことはどこかで言った気がする。だから、うん、そうだねとか思いながら。
あとがきに僕にとっては結構衝撃的なことが書いてあって、それはそのうち日記に書かなければと思っている。
 
 
16045. ドラえもんの国語おもしろ攻略 文法力がつく
盲点ついでに。だが小学生の頃の自分が読むとは到底思えないのだった。
 
 

▼2016年5月の映画

前述の通り海外ドラマに行ってしまったので滞っている。まずい(まずくはない)
 
 
04. ガタカ

色合いがなんか好きだった。
 
 
05. 台風クラブ
台風クラブ [DVD]

台風クラブ [DVD]

それは単に時代の影響というだけではなくて、いま同じような角度から思春期を描こうと思ったら全然違うモノになるだろうなと思った。考えてみればそれはとてもおかしなことではあるのだけれども。いつだって、10代は10代でしかないはずなのだから。まあそもそもそれ以前の問題で、10代がなかった僕は、10代向けの映画の楽しみ方はついぞ分からないままだったし、大人が10代を描いたものもどう見ればいいか分からず落ち着かないことがとても多いのだった。とかいって『花とアリス』は好きなのだが。おじさんなのにね!