Wowee Zowee !

わーうぃーぞーうぃー!

2015年12月7日の断片日記

▼録画していたNHKの新・映像の世紀を見た。グレートファミリーのやつ。見てからフィッツジェラルドの『マイ・ロスト・シティー』を再読して、一回目よりさらに哀しく、さびしくなっていた。

しかし私がその時に上ろうと決めたのはもっとも新しくもっとも高い摩天楼―エンパイア・ステート・ビルであった。そこで私は全てを悟ることになった。全ては解き明かされていた。私はニューヨークという都市の致命的な誤謬、そのパンドラの箱を眼のあたりにしたのである。うぬぼれに凝り固まったニューヨーカーなら一度ここに上ってみるがいい。これまで想像だにしなかった光景を眼の前につきつけられて、きっと肝を冷やすことだろう。ニューヨークは何処までも果てしなく続くビルの谷間ではなかったのだ。そこには限りがあった。そのもっとも高いビルディングの頂上で人がはじめて見出すのは、四方の先端を大地の中にすっぽりと吸い込まれた限りある都市の姿である。果てることなくどこまでも続いているのは街ではなく、青や緑の大地なのだ。(p.255-256)

マイ・ロスト・シティー (村上春樹翻訳ライブラリー)

マイ・ロスト・シティー (村上春樹翻訳ライブラリー)


 
 
▼子どもがせんせー!とか言いながらこの本を見せてくれて…。

女の子?男の子の名前うらない2300人 (キラかわ☆ガール)

女の子?男の子の名前うらない2300人 (キラかわ☆ガール)

自分の名前の項を見たら「好きな子に尽くすタイプ」「わがままな子にふりまわされたい」みたいなムニャムニャしたことが書いてあって死んだ。バーナム効果バーナム効果…。