読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wowee Zowee !

わーうぃーぞーうぃー!

【2014年間ベスト】2014 WZ! BEST MUSIC vol.1  70-61

70. Soundsearching / Inchange


去年自分の中で一気に重要度を増したCCRから今年『Found Records』をリリースしていて、それで知った。基本的にはジャズやヒップホップをベースにしたエレクトロミュージックだが、『Found~』との比較で言うのなら、こちらの方がよりポストロック色があって、よりドラマチック。ちょっと味つけが濃い目だが、こういうものの方が好きな人もいるだろう。
 
 

69. Days of Abandon / The Pains of Being Pure at Heart

DAYS OF ABANDON (IMPORT)

DAYS OF ABANDON (IMPORT)

思えばシューゲイズ(ニューゲイズ)がにわかに幾度目かの盛り上がりを見せかけた時に、あそこまであからさまな形で、しかもエヴァーグリーンな激甘サウンドで登場してきた彼らはとてもうまくやったよなあなどと思う。今作ではsmith的なネオアコ情緒も加えて、退屈しない金太郎飴な世界をさらに押し広げております。
  

The Pains Of Being Pure At Heart - Simple and Sure
 
 

68. ...And Star Power / Foxygen

And Star Power

And Star Power

誤解を恐れず言うなら、久しぶりに金返せと思ったアルバム。いやだって、これ曲数しぼったら名作になるでしょ。全24曲60分超え。いやそのこと自体は別にいんだけど、終盤にかけて架空のバンド「star power」に乗っ取られていくというコンセプト、ホテルで録音しました(てへぺろ)というエピソードと合わせて味わうと「お前それウソだろ」と思わずにはいられない。ほとんどゴミみたいな様相を呈しており、ほんとはぶっちぎりランク外のつもりだったが、時々本当に素晴らしい瞬間がある。あー、トッド・ラングレンは卑怯だわーとか思う瞬間があるのよ。実際それでだまされたんだ、僕は。だからね、次、真面目に作ってください。客と喧嘩してる場合じゃないっすよ。マジで。


Foxygen - How Can You Really (Official Video) - YouTube
 
 

67. Morning Phase / Beck

Morning Phase

Morning Phase

死ぬときの朝だって、意味のない朝食を食べるときの朝だって、いつもだいたいこんな感じ。モダンギルトから6年も経ってたのか…。


Beck - Heart Is A Drum - YouTube
 
 

66. The Soul Provider / Jansport J

最近こういうシンプルなソウルサンプリングに弱い…。相変わらずの嗅覚だと思います。ずっと聴いてられる。
 
 

65. Found Records / Inchange

70位で取り上げたInchangeのCCRからのリリースマテリアル。個人的にはこちらの方が、ヒップホップ/エレクトロが強くて、夜のにおいを感じるので好みです。
 
 

64. Benji / Sun kil moon

Benji

Benji

漂う死の香り。

63. Emmaar / TINARIWEN

Emmaar

Emmaar

荒野。
 
 

62. The Creature That I Call Myself / Julie Arsenault

 

 
アコースティックな女性voもの。ときどきこういう飾り気のない「いい曲」を聞きたくなる。今までは女性voものだと、どちらかといえばやる気あるんだか無いんだかよく分からない気だるい感じ(今年でいえばCourtney Barnettとかね。あれはあれで悪くない作品だけど)の方が好みだったんだけど、年のせいなのか置かれている状況のせいなのか、こういう誠実でパーソナルなものの方が最近はよく響く。思えば、Blue Rosesとか好きだったな。
 
 

61.Lost in the dream / The War On Drugs

Lost in the Dream

Lost in the Dream

 
巷で評価が高かったので聞いてみました。浮遊感のあるブルーススプリングスティーンでした。怒られそう。(誰に?)
 

The War on Drugs - Red Eyes (Official Video)