Wowee Zowee !

わーうぃーぞーうぃー!

2013 WZ! BEST MUSIC 100 vol.18

5. IN RAINBOW TOKYO / うみのて

IN RAINBOW TOKYO

IN RAINBOW TOKYO

「うみのては、笹口騒音ハーモニカの音楽を演奏するバンドです」僕はこの宣言をとても美しいものだととらえている。そして、このバンドはその言葉をしっかりと体現していると思う。3.11以降に本当に言わなければならなかったことはこういうことではなかったか。ロックンロール・ニヒリズムに魅入られた僕らは、もうおっさんだ。そろそろ「放っておいてくれよ」の精神は若者に託して、その醜い顔を上げて真正面から「お前らなんて不自由だ!」とフラストレーションを吐き出すかたちの闘争に身をゆだねる必要があるのかもしれない。「地獄はいろいろたくさんあるけど/天国は1つ/あなたの腕の中」(「ぐるぐる回る」)なんて絶対に到達しない、救われない、報われない戦いの中でも誇りを失わないそのことが表れていて良いと思うし、「SUICIDE SEASIDE」も単なる言葉遊びに堕しない正当性がある。シンプルな弾き語りから死を迫られながら生に立ち向かう心の軋みと葛藤を描く展開となる「SAYONARA BABY BLUE」も素晴らしい。美しいはずの世界に巣くうクソどもに屈しないという意志が感じられる。惜しむらくは名曲「東京駅」などが顕著なように、ライブの熱量の1/10もパッケージできていない点だ。だが、シングル「もはや平和ではない」(昨年17位)の際に覚えた感動は、今作でもまたさらに輝きを増している。2013年随一の反転の美しさ。
 
【つべ】うみのて - SAYONARA BABY BLUE (MV)
【つべ】うみのて【もはや平和ではない】MV
 
 

4. Melt Yourself Down / Melt Yourself Down

Melt Yourself Down

Melt Yourself Down

 
いくつかある音楽だけでできる体験のうちの一つを、もっとも先鋭的な形にするとこんな風になるのかな。ジャズ、パンク、ファンク…混交闇鍋ダンスミュージック。踊り明かそう!ファイアー!(from ベイカーブラザーズ)
 
【つべ】Melt Yourself Down - Release!
 
 

3. 絶対少女 / 大森靖子

絶対少女

絶対少女

長くなったので別エントリで。
 
 

2. &&&&& / Arca


 
何度聴いても同じ音源を聴いているような気がしない。そんな稀有な音楽体験。25分のMixの中にジャンルも空間もないまぜになったあれこれが詰め込まれ、それらが『&』という記号だけで結ばれている。ある意味で共通項は「音楽」というだけ…。ラストのミニマルで美しい旋律を聴くとそれまでの20数分間もとても濃密で感動的な時間であったのだと気づかされる。そんなこちらの高揚感などお構いなしに、徹頭徹尾、ビートは不機嫌に、不敵に刻まれ続けている。なんて素晴らしいのだろう。目の前に展開されている音像が、僕とは何の関係もないだなんて。これこそ音楽。最後に、先の発言を訂正しておこう。ここに並べられたいくつかの&と&の間、25分のMixの共通項は「音楽であるということだけ」ではなく「美しい音楽であるということだけ」なのだ。
 
 

1. Nexus / Young Echo

Nexus [ボーナストラック+エクスルーシヴ・ミックス(DLコード)+ライナー+帯付き]

Nexus [ボーナストラック+エクスルーシヴ・ミックス(DLコード)+ライナー+帯付き]

ブリストルシーンの雄たちによる豪華共演…それはアンダーグラウンドミュージックの見本市のようだ。ダブステップガラージアンビエント…そう、夜の音楽。全体的に静謐さが漂っている。だがこれは…声なき声、あえて黙することで現状にノーを突きつける、そういった類の音楽に聞こえる。それでいて帯びるムードはロマンティックで上品。牙のむき方として非常に気品ある方法で好ましい。夜を失った現代にあるべき夜の姿を提示するとても美しい作品だ。

【つべ】Young Echo - Jupiter Rise