読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wowee Zowee !

わーうぃーぞーうぃー!

オディロン・ルドン

眼は、精神を養い、魂を養うさまざまなものを吸収するために不可欠のものである。見る能力、正しく見て、真実を見抜く能力を持たない者には、不完全な知性しかないだろう。見るということは、おのずから物事の関係をつかみ取ることなのだ。


特に黒の時代における「目」のありようは、今日の僕に大きな影響を与えている。それは無意識からの意志ある飛翔を思わせる「眼=気球」や、リトグラフ集<夢の中で>、あるいは「水の精」。閉じていようが開いていようが、その眼は静謐さが漂う作品群の中で雄弁な何かを語り、語らせる。見るということを想う時、それは色彩の時代へも通じていて、名作「眼を閉じて」しかり、僕と彼の出会いであった「キュクロプス」しかり、ということになる。


ちなみに色彩の時代の美しい「青」は、僕が青色を想起するときのベースになっている。

オディロン・ルドン―自作を語る画文集 夢のなかで

オディロン・ルドン―自作を語る画文集 夢のなかで


もっと知りたいルドン―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいルドン―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)