読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wowee Zowee !

わーうぃーぞーうぃー!

2011 にんじんBEST DISC 70 vol.2

音楽 BEST DISC


60. Colour Trip / Ringo Deathstarr

カラー・トリップカラー・トリップ
リンゴ・デススター

VINYL JUNKIE RECORDINGS 2011-02-09
売り上げランキング : 52392

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

流石に笑った。さよなら、シューゲイザー

[つべ] Ringo Deathstarr - Imagine Hearts
[マイスペ] http://www.myspace.com/ringodeathstarr



59. Finest Hour / Submotion Orchestra

ファイネスト・アワー [ボーナス・トラック付き]ファイネスト・アワー [ボーナス・トラック付き]
サブモーション・オーケストラ

Pヴァイン・レコード 2011-09-07
売り上げランキング : 78051

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ダブステップというものを僕は正確に理解しているわけではないが、セクシーな音楽であるという認識は持っている。それはロックンロールとは異なる文脈でのセクシーさ。サブモーションオーケストラ。教会+ダブステップという冠はもはや必要ないでしょう。静謐と妖艶。都会の深夜のサウンドトラックとしては、個人的にはJames Blakeよりも機能する部分があると思う。意外にもエモーショナルなそのたたずまいには洋酒がよく似合う。さあ、ともに孤独をゆこう。

[つべ] SUBMOTION ORCHESTRA - Live at Momo (London)
[マイスペ] http://www.myspace.com/submotionorchestra



58. Shapeshifting / Young Galaxy

ShapeshiftingShapeshifting
Young Galaxy

Paper Bag 2011-02-15
売り上げランキング : 184599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Starsの元ギタリストであるStephenとそのガール・フレンドCathrineらによるプロジェクト、Young Galaxyの新作。ライトにシューゲしたドリームポップの佳曲、「The Alchemy Between Us」に惹かれて購入したセルフタイトルの1stが、アートワーク通りのスペーシーさで良かったわけですが、今作では全編に散りばめられた空間的な電子音がこれまたアートワーク通りのほの暗い海の底感を演出。エレクトロニカな質感で解放感とは真逆の深度を増していくような息苦しさを見事に音像として映し出している。持ち前の清涼感と浮遊感も残っているので、聴きやすさは絶妙。アルバムごとにテーマを持って意匠をまとえる、誠実なバンドだなあと改めて。カナダにはいい系譜がしっかりと根付いているようで何よりです。


[つべ] 'YOUNG GALAXY Peripheral Visionaries'
[マイスペ] http://www.myspace.com/younggalaxy


57. What Were You Hoping For? / Van Hunt

What Were You Hoping for?What Were You Hoping for?
Van Hunt

Godless Hotspot 2011-09-27
売り上げランキング : 55290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

若手ソウル界の旗手。3作目。マルチプレーヤーらしくキレキレにロックを消化しながらメジャーフィールドで暴れているよう。全曲作成も演奏も、というあたりに凄みを感じます。ブラックミュージックがベースにあり、そうだな、プリンス好きにどうぞってカンジかしら。

[マイスペ] http://www.myspace.com/vanhunt


56. One Thousand Pictures / Pete & The Pirates

One Thousand PicturesOne Thousand Pictures
Pete & The Pirates

Pid 2011-05-31
売り上げランキング : 293101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今となっては極めてイギリス的なバンドだな、と思う。このままストレンジギターポップの旗手となるのもよし、新たな扉を開くもよし。これを正念場と捉えるか否かは人によって異なるだろうが、次が勝負なのは間違いないだろう。1stは最高だった。

[つべ] Pete and the Pirates - Half Moon Street
[つべ] Pete and the Pirates - Come to the Bar
[マイスペ] http://www.myspace.com/peteandthepirates



55. Famous First Words / Viva Brother

フェイマス・ファースト・ワーズフェイマス・ファースト・ワーズ
ビバ・ブラザー

ユニバーサル インターナショナル 2011-08-03
売り上げランキング : 113635

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

なんというブリットポップ。いやホントまんま過ぎて笑う。あちこちで賛否両論な90年代の怪物に取り付かれた若者たちの1st。オアシスもいなくなってしまったことだし、個人的にはこういう連中が出てくることは大歓迎。拳を振り上げてシンガロング、いいじゃない。ベッドルームミュージックばかりじゃ絶対つまらないし、60年代の模倣がよくてこれはダメだなんてそりゃあいくらなんでもスノッブが過ぎるぜ。

[つべ] VIVA BROTHER - Darling Buds Of May
[マイスペ] http://www.myspace.com/vivabrother



54. Smoking In Heaven / Kitty Daisy & Lewis

Smoking In Heaven [解説付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC292)Smoking In Heaven [解説付・ボーナストラック収録 / 国内盤] (BRC292)
Kitty Daisy & Lewis キティー・デイジー&ルイス

SUNDAY BEST / BEAT RECORDS 2011-05-25
売り上げランキング : 101250

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相変わらずいつの時代か分からない。今作はオリジナル曲だけという構成で、かつ前作にはなかったホーンセクションが導入されていたりと玄人好みなレトロスペクティブさの中にも「これから」を感じさせてくれる。5分越えのジャム感のある楽曲からはライヴへの目くばせが見える。そう、彼らの場合、スタジオ音源も素晴らしいが真骨頂はライヴでのそれだ。恐らくはあの熱量の10分の1もパッケージングできていないだろう。ぜひ、音源化を。

[つべ] Kitty, Daisy & Lewis - I'm So Sorry
[つべ] Kitty, Daisy and Lewis perform Messing With My Life



53. Belong / The Pains Of Being Pure At Heart

ビロングビロング
ザ・ペインズ・オブ・ビーイング・ピュア・アット・ハート THE PAINS OF BEING PURE AT HEART

アール・アンド・シー 2011-03-16
売り上げランキング : 12961

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

傷だらけの青の季節へようこそ。10代はコンテンツだ。誰の?哀しい大人の。只中の君たちはまっすぐ走りぬけてくれ。蛇行し続けた僕らは輝いていたであろう日々を夢想し続けモラトリアムと上手くやっていくことを選択する。真実と理由はどこに存在するのだろう。優しすぎて、残酷な音楽である。

[マイスペ] http://www.myspace.com/thepainsofbeingpureatheart
[つべ] The Pains of Being Pure at Heart - "Heart in Your Heartbreak"
[つべ] The Pains of Being Pure At Heart "Say No To Love"
↑アルバム関係ないけどこのシングル好きだった



52. Wander / Wonder / Balam Acab

Wander / WonderWander / Wonder
Balam Acab

Tri Angle 2011-08-20
売り上げランキング : 35878

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ウィッチハウスの大本命、だそうだ。若干19歳。この綿密なようで意外とラフなつくりには好感が持てる。逃避の権化だったチルウェイブから歩を先に進めた感がある。これはもはやウィッチハウスなんて小さいくくりにはおさまりきらないだろう。
アートワークよろしく、光に導かれながら深海から浅瀬まで、大海を泳ぎ回る。縦横無尽に。

[つべ] Balam Acab -- "Oh, Why"
[マイスペ] http://www.myspace.com/thebalamacab



51. The Year Of Hibernation / Youth lagoon

ザ・イヤー・オブ・ハイバーネイションザ・イヤー・オブ・ハイバーネイション
ユース・ラグーン

ホステス 2011-10-26
売り上げランキング : 66585

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベッドルームミュージックのニューカマーとして脚光を浴びる彼。なるほど確かに「自分だけにしか分からない極度の不安を曲にした」という彼の言葉や、殆どの作業を独りで行ったというエピソードもそれを後押しするものであるだろう。だがしかし、その音楽性の本質はこのジャケットに現れていると思う。果たしてこの音楽はベッドルームポップか?たとえばパフュームジーニアスのような存在の横に並べるレコードか?僕はその辺りには多少懐疑的だ。リスナーに寄り添うふりをして、どこか違うところを見ている気がする。ドリーミーなサウンドの間からは野心が聞こえる。キャリアのスタートとしてはもちろん、これが正解。ただ、2作目3作目で、今とは全く違う景色に到達できるポテンシャルを秘めていると思う。

[つべ] Youth Lagoon - Montana